2010 年 5 月 のアーカイブ

かろうじて

2010 年 5 月 20 日 木曜日

100517_1617~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年畦に蓮華が自生しました。

種を飛ばし、また今年も、まぁるい葉を出していて、花を楽しみにしていたのですが、

草刈りの際、忘れて刈ってしまったのでした…。

が!

かろうじて、一輪咲きました!

この子孫が畦に咲き誇るのは何年越しかな。

 

網本朝香

ラクガキ

2010 年 5 月 20 日 木曜日

100517_1613~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がついたら、外の黒板に、お子たちのラクガキ。

嬉しいなぁ。

 

網本朝香

南国?

2010 年 5 月 20 日 木曜日

100513_1300~01

 

 

 

 

 

 

 

 

南国ヤシの木…

かと思いきや、
近所の空き地のコケ???のような植物。
100513_1300~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葉はこんな感じで、
100513_1301~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な形をしているもんだ。

 

網本朝香

2010 年 5 月 19 日 水曜日

お天気のいい5/13、始まりました、今年初の田植え!(機械植え)

車で10分ちょっとの所にある田んぼの作業を請けおっている分で、

トラックに田植え機を乗せ、

 

100513_1015~01

 

 

 

 

 

 

 

 

100513_1015~02

 

 

 

 

 

 

100513_1016~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラ(荷台の苗乗せ台はスタッフ手作り!)に苗を乗せ、

100513_1018~01

 

 

 

 

 

 

 

人も乗せて、いざ田植え始動です!

一般的な機械とは違い、

うちの田植え機は、田んぼの端やコーナーに苗が植わらない構造(涙)なのと、

春雪の寒さをかぶった頃の苗で、ちんちくりん苗もあって、
それが植わった所には、ちゃんと育った苗と差し替える必要も出てきます。

したがって、人間が「マザシ」といって、植わってない所などに、苗束を片手に、植えてまわる作業も待っているのです…。

田植え機は植え終わり、次の田んぼに姿を消してしまい、

1人ぽつねん…とマザシをしていたりすると、ビミョーにさみしい。

そんな孤独感にスネつつ(笑)、一方でカエルや鳥、吹く風と遊びつつ、やっているわけですが、

おやつ時を過ぎると、人々が道に出てきます。

犬殿と散歩する人達に、「わ~手植えだ~」
違います違います、さっきまで機械がいたんです、と思いながらも、…確かに今はそう見える。

更には、通学路沿いなので、下校してきた娘達の同級生に
「あ、網んちのお母さんでしょ?」
「おかえりー」

近所のおじさんに「日が暮れてきたで、風邪ひくぞ~」
「そうよね~そろそろ終わろっかな~」

…それは、なんだか、ええもんです。

 

網本朝香

畑の大麦

2010 年 5 月 18 日 火曜日

畑を世話してくれてるスタッフの方が、鳥除けにキンキラテープをぐるりとめぐらし、

実りはもうすぐです!

少し金色を帯びてきた野毛
(実一粒一粒の先につく毛、麦は長いです)が、

風になびくと、きらきらと、きらきらと、お日様の光がそこにあるみたいで、

これが広い面積の大麦畑だったら、さぞかしきれいだろうなぁ…
かの有名なアニメ映画の、ラストシーンのように…

 

網本朝香

 

 

100512_1637~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100512_1636~01

珍?客

2010 年 5 月 18 日 火曜日

ハチミツを紅茶に入れようと思った瞬間。

珍客に遭遇。

並星天道虫(ナミホシテントウムシ)です。

とはいえ、最近風が強く、洗濯物なんかによくくっついて家の中に入ってくるので、

珍「?でもないか?」客です。

 

網本朝香

 

 

100511_1217~01

空が2倍

2010 年 5 月 6 日 木曜日

100502_1322~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼに水が入って、苗が植えられるまでのこの時期。

杉戸では空が2倍になります!

青空も、曇り空も、夕焼けも2倍!!

 

網本朝香

あらら

2010 年 5 月 6 日 木曜日

4月30日の事。

は種したばかりの、第三陣の苗箱にかかっていたシートをめくったら…

100430_1717~01

 

 

 

 

 

 

 

 

一部分、芽が白く、もやしのようになってしまっている!

どうやらシートの内側の結露が溜まる場所が、結露水に浸かっていたらしく、
苗箱が濡れている所が、白くふにゃふにゃになっているのがわかります。

 

100430_1717~03

 

 

 

 

 

 

 
抜いてみると、「芽しか」でていません。

通常は、写真のように「根と芽」が両方出いるはずなのです。
100420_1721~01

 

 

 

 

 

 

芽は水の中では呼吸できず、
急いで、水面上にでようと、もやしのようになったのでしょうか・・・。

更に、芽が呼吸できるまで、根が出てこないので、
芽しか出ていないわけです。

稲は水を好む植物ですが、もちろん葉っぱ全部が水没すると、生きていけません。

更に、
芽が出たて~2枚目の葉っぱが出るまでの時期は、浸かりすぎると

「身をもってわかっていた」のですが、こんな風に、特に!よくない!

最終的にはプール育苗※にするとはいえ、
(※水を引いた田んぼのような所で、育苗するので、水やりの手間少なし!な、やり方です)

この時期は、苗代に水はひかず、
その代わり、シートをはがしては毎日水やりです。

とてもデリケートで、人間の赤ちゃんと同じく、毎日のお世話が必要ですね~。

な、はずなんですが、ちと、お世話をマメにできなかったりすると、こうなります(泣)
しばらく放置された、たまごっちゲームを思い出します・・・

 

・・・まあ昨年は、原因は違えど、かなりの数の苗がもやしになったので、

それを思うと数がずいぶん減って、進歩です。

 

ここからシートをはがして、復活するのかな?

 

・・・後日談ですが、シートをはがして、ものの1分で、徐々に緑色に変化していったそうで、
5月6日現在は、成長に遅れがあるものの、きれいな若緑色の葉を伸ばしています。

 

植物はデリケートで、そして強い。

 

網本朝香