2010 年 8 月 のアーカイブ

落し物

2010 年 8 月 28 日 土曜日

100826_0816~02

 

 

 

 

 

 

あ、うんち・・・

(一番上のカエルの後ろにある、黒い物体です・・・体のわりに大きい・・・)

 

 

ちなみに、知らない方に補足ですが、アマガエルは、いる場所に合わせて、体の色を変化することができます。

変化の動機は、

「そこにいたら勝手に変わっちゃった」受動的変化なのか、

「ここ、あたし目立っちゃうから、色かわろ~」的な、能動的変化なのか、

聞いてみたいところです。

 

網本朝香

変化

2010 年 8 月 28 日 土曜日

100826_0816~01あまがえる3変化。

 

上から元柄、

真ん中、完全変化、

一番下は、半分変化?

 

網本朝香

大人も自由研究

2010 年 8 月 23 日 月曜日

100624_1125~01100818_1635~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由研究が大詰めです。

そんな季節です(泣)。

 

上の娘は小学3年生。身近な植物の色液をつくり、染めてみる・・・つまりは草木染めをすることになりました。

 

美味しく朝ごはんに食べた、ブドウの皮。

そして、この写真の、あぜや庭によく生えている、こせんだんぐさ。

同じく庭の雑草で、日本全国域も網羅している、めひしば。

あぜに生えてしまって困るので剪定した、ドングリの木の、枯れ枝と葉っぱ。

 

それぞれ、まるで魔女のようにコトコトトと煮出し、できた煮汁に、羊毛を浸けてまたコトコト。

色止めのため、茄子の漬物の色味を良くするなどで、昔から使われている、ミョウバンを溶いた液で煮出し、最後乾かします。

 

これは、こせんだんぐさの煮汁。明るいオレンジがかった茶色。紅茶の色にも似ています。

100818_1711~01

 

 

 

 

 

  こせんだんぐさは、6月の関口先生の植物調査の時、あぜにたくさんあって、

食べられるとも聞いていたので、煮出している最中に味見もしてみました。

上のほうの、若芽だったら、美味しい。ぬめりの無いモロヘイヤのような感じかなぁ・・・。大きくなっている葉っぱは渋みがありました。野菜と言わず、日本の田畑周りの植物は、ほとんど食べられるそうですよ。もちろん、彼岸花や、朝鮮朝顔、きんぽうげの仲間など、毒気をもった植物もいるのでご注意。

あ、試される場合は、除草剤散布していたかどうか、それもご注意の上、お楽しみください。

  100823_1334~01

 

 

 

 

 

 

 

 

  

さて、すったもんだを経て、染め上がった、こせんだんぐさの草木染!

本当にきれいで、元気な黄色です。

紅茶色の煮出し液の中から、黄色の成分だけを拾うかのようでした。

 

 

ちなみにドングリの枯れ枝からは・・・

100823_1336~02

 

 

 

 

 

 

写真だと色味が悪いですが、やはり落ち着いた渋い茶色となりました。

・・・ドングリの枝と葉っぱを煮出している時は、漢方薬の調合室にいるかのようで、匂いがすごかった・・・。

 

網本朝香

大きなったねぇ(親戚のおばちゃん風に)

2010 年 8 月 22 日 日曜日

100821_0849~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆も明け、夏休みも残り少なくなってきました(涙)

お盆といえば・・・大晦日やお正月もそうなのですが、

私は京都の出、旦那の欣ちゃんは、おばあちゃんが和歌山、と、
2人とも関西圏に縁者がいるので、

年に二度の、我が家の一大イベント…里帰りジャーニーが決行されます。

会社のスタッフに留守を頼み、家も、欣ちゃんのお母さんに、住みこみ留守番と猫の世話まで頼み…と、毎度大騒ぎ。

今年もばたばた、里帰りジャーニーしてきました。

やはり関西圏出身なので、関西弁のあふれる空気は、ええわぁ。

普段は、昔京都人だったなんて、もう誰も気づいてくれない程、
関東の言葉と杉戸に馴染んでいるのですが、

車で高速道路をひた進み、名古屋を越え、岐阜や滋賀に入ると、関西圏の周波数(?)に触発され、自分の中のスイッチが入ります。

母国語=関西弁で思い、しゃべり、関西弁で活動し始めます。
私にとっては、方言が混じるという、ミクスチュアは有り得なく、

杉戸では、標準語で組み立て、標準語でしゃべる、

里帰り中は、関西弁で組み立て、関西弁をしゃべる、なのです。

したがって、中途半端な標準語の混ざった母国語ではなく、どっからどう見ても関西人になります。

数年前は、京都に着いて親戚に会ったとたん、故郷の言葉でベラベラしゃべり出すのを
まだ小さかったお子が、ぽかぁぁん…と、けげんな顔をして見ていたものでした。

今はもう、「ああ、ママは二重言語なんだ」と、わかっていますが、小さい頃は、「ママがへん…ママがへん…」だった事でしょう…。

逆に、関東での知り合いに、例えば故郷と電話中だったりの関西モードを見られると、かなり気持ち悪がられます。

いや、元は、この言葉やってんって。

今は関西弁はテレビでも溢れてますが、昔は異国語だっただろうな。

っていうか、標準語の標準って、そもそも何?

 

さてさて、帰省後もプールにプールに・・・と遊びに集中していて、しばらくゆっくり田んぼを見ぬうちに、

稲は益々大きく、穂も少しずつ垂れてきました。

びっくりなことに、杉戸では、早稲種の稲をもう稲刈りしています。

うちの田んぼは、まだまだ。

そしてまだまだ猛暑盛りな今日この頃です。

 

網本朝香

夏の花日和

2010 年 8 月 5 日 木曜日

100805_1520~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気さいこーーーーーー!!

何と、もう穂が出てきました。

6月に田植えをしたので、予想ではもう少し遅いと思っていたのですが、気の早い・・・。

植物は不思議なもので、例えば2週間遅く植えたからと言って、実りが2週間遅くなるとは限らないのです。トータルにみて、一番適したトコロに植物自身が合わせてくるので、このタイミングがベストなんだとおもいます。

穂の周りについている、白く小さな粒のようなものが、稲の花です。

見えているのはおしべ。根元の「モミ」の中に、めしべがあり、結実してお米になっていきます。

 

ほんの数日しか咲かない稲の花。

 

その、わずかな期間のお天気具合が、お米の良しあしを左右したりするのですが、元気に・・・つまり感覚正しく育った稲は、下手なお天気の日には穂を出さないといいます。

今日は特別暑くもなく、熱風が吹くでもなく(乾燥した暑い西風なんかが吹くと、シラタといって、お米が白く濁ってしまいます。)、雨ではなく・・・

絶好の花日和になったかな。

 

網本朝香

冷凍ひょう

2010 年 8 月 2 日 月曜日

100726_1711~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7/26、その日はわが社の記念すべき創立記念日、めでたく八周年だったわけですが、

凄まじい夕立と雷の日で(笑)、めでたく雹(ひょう)まで降った日になりましたf^_^;

スタッフの江口君が、なんと会社誕生を祝して、ケーキまでサプライズで用意してくれ、みんなでともしたロウソクの灯を消したりで、昼過ぎまで和やかムード満載だったわけですが、

3時頃娘達と学校に行き、到着し、建物の中に入った直後!

んずずゎわわわわ~~~…と雨が降り始め、落雷で何度も停電する凄さ。

数時間後、お隣さんの奥さんも(たまに登場してもらう、あのお隣のばぁちゃんちのお嫁さんです)学校に来て、
「うちでは雹が降ってたよ」

学校は、うちや、お隣さんの家から、子どもの足で50分程離れているのですが、

その学校では降ってなかったよ~(泣)見たかったよ~(泣)と、だだをこねていると、

なんと、その奥さんが、雹をタッパーに入れ、冷凍庫でとっておいてくれているとの事。

何も、大の大人の、しかも隣人である私に見せる事になるとは、思いもよらなかったでしょうが、

うちの子と同じ小学校に通う、娘さんと息子さんに見せようと、冷凍保存してくれていた雹を

おすそ見せてもらえました!

すごいデカいぞ!
こんなのバラバラ降って来たのか~~!

うわ~!やっぱり見たかったよ~~(泣)

ちなみに、ファクス機能が、落雷の煽りで数時間途絶えましてf^_^;

連絡をその間に取りたかった、関係各位の方がいらっしゃったらば、ご不便おかけしました…。

 

網本朝香

虎カラー

2010 年 8 月 2 日 月曜日

100719_1603~01

100804_1538~01

 

 (←左はお腹、右が背中です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄金蜘蛛!

うーん、嫌いな方には、凄まじい映像に感じるでしょうが、

当の本人(蜘蛛)は、ただ風に網をゆらし、じっと虫を待っています。

覚えてる方はいらっしゃるかな?昨年もここに登場しました。

昨年も、うちの網戸の前に堂々と巣を張っていたたところ、

昨年の生きもの調査で、先生の林さんに、存在をピックアップされたのですが、

私達にしてみれば、
「あぁ仮にも家という建造物なのに、すんごく堂々と網を張っているなぁ」
くらいの印象だったのですが、

どうやら、自然環境が豊かでないと、住めない蜘蛛らしいのなのです。

林先生に聞いたエピソードですが、
昔は戦(いくさ)の陣地などで、兵士達の士気が落ちないよう、黄金蜘蛛を捕まえて、闘鶏ならぬ闘蜘蛛して、テンションを上げたそうな…しかしながら、実は、闘うのはメスだったのは、当時は知られてなかったのかどうなのか…。いつの時代も、種(しゅ)も越えて共通するのは、女もメスも強し!?

蜘蛛好きの林先生にしてみれば、
数が減ってきた蜘蛛なので、発見すると、ポイントが高いらしく、

なんと自然(草)豊かな自宅「庭」だと、庭の整備の至らなさを思い、肩を落とした記憶があります。

そのハデハデしい色味も加わってか、私にとっても印象深いキャラクターになったのです。

気がついてみれば、家横の小さな田んぼの畦際には、たくさんの黄金蜘蛛が!

緑の草の中に、その虎カラーをゆらしています。

 

網本朝香