2011 年 6 月 のアーカイブ

成長記録2!!

2011 年 6 月 30 日 木曜日

110629_1646~01

 

 

 

 

 

 

110629_1646~02

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日暑いですね!!もう夏かのようです・・・。

写真は6月29日の、皆で手植えした田んぼの様子です。

・・・前回の成長記録と比べて成長してますか???毎日見ていると分かりにくいですが、写真を比べると違いますね!

 

さて、今、杉戸の田んぼでは中干し時期で、田んぼの水が、パイプラインごと止まっていて、農業用水の蛇口をひねってもひねっても水が出てこない時期です・・・(泣)

中干しとは。田んぼの水をいったん引いて泥を乾かし、地固めすることで、根張りを良くする等…のため、慣行栽培でも有機栽培でも大多数の農家がやる作業で、時期の決め方は地域によって違うのでしょうが、このあたりでは、農家の多数決で時期が決まり、1週間ほど水が出なくなります。

杉戸の、このあたりでは慣行栽培が大多数のため、4月中下旬の田植えのため、ちょうど今、6月下旬が中干しにあたっています。

かたや、うちは6月上中旬の田植え、実は今は草防除の為にも、最も水が必要な時期でもあるのですが、うちの為だけにパイプラインの水を出してくれるわけではなく、見事に雨乞いの1週間となっています。

実は近代の米作りの流行??として、早く植えて早く市場に・・・といった傾向が年々強くなり、ちょうど今時、6月下旬に中干しをするように各地で習慣づいているようですが、

本来なら今は水の中を泳いでいるはずの、トンボの幼虫の「ヤゴ」が、日干されてしまって、成虫に孵れない・・・中干しの時期の早期化によって、その数をずいぶん減らしてしまっている、という現状があります。ヤゴから孵るだけでなく、シオカラトンボなど羽化が早く、もう成虫になっているトンボにとっても産卵の時期。水がないとやはり産卵することができません。

出来るだけ、田んぼをすみかにする動植物と共生、一緒に育っていきたいと、田植え時期の遅い、この方法を選んでいるので、井戸でも掘らない限り、この問題には毎年直面するのです。

・・・で、中干しが始まるまでいっぱいいっぱいの水を張っておき、溜め水+雨水で乗り切ろうと言うわけですが、新しい水を入れない溜め水だと、昨日は正午の時点で湯温43度・・・!

お風呂です!ちなみに私は43度だと、熱すぎで、長湯ができません。そんな温度です。

かわいそうにドジョウやカエルが湯だってしまって、ぷかぁと浮く始末・・・。

それを狙ってか、普段にすると異様な数の白鷺が、浮いた/もしくは弱ったご馳走をくちばしに収めるべく、田んぼにスタンバイしていました。

今日は何とか夕立が降ってくれたので、水量と、水温と、ドジョウとカエル・・・色んな面から、助かりました。

しばらくはスタッフ総出の雨乞いダンスでしのぎます!!踊って踊って!!(さてどんな踊りでしょうか・・・)

 

網本朝香

成長記録!

2011 年 6 月 22 日 水曜日

110622_1827~02

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は6月22日、夏至の日ですね!

夏にいきなりなったか!!というくらい暑かったです・・・!上の子はちょうど学校でプールがあったようで、ああ、母も泳ぎたい・・・と汗を拭いた今日でした。

さてさて、田んぼでは、苗達が、こんな風に育っていますよ!

ちょっと緑が濃い一角が、先に6月4日5日の手植え祭りで植えた手植えの苗達。

周りの、まだ黄緑色の方が、遅く6月15日に、機械植えをした苗達です。

 

↓これは上の写真での緑の濃い方・・・先に、6月4日5日の手植え祭りで植えた苗!!

緑も濃くなって、株元から茎が増えて(分けつ・・・ぶんけつと言います)

伸びっと広がっています。

110622_1827~01

 

 

 

 

 

 

110622_1827~03

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こっちは遅く6月15日に植えた、機械植えの方の苗。

 

やはり手植えと機械植えの間・・・10~11日間の成長の差はまだ埋まっていません。

特に後から植えた方は、今が一番黄色っぽくて、茎も葉もあまり増えてないので、頼りなく見える時。

でもご安心ください。ちょうど1週間目あたりは、地中なので見えませんが、根っこがどんどん伸びている時期。葉っぱはこれから、つまり、葉っぱが後回しになっているので、色が黄色っぽく、枯れたように見える時期です。

が、まずは土台から、ちゃんと、これから葉っぱが増え、茎も増え、色も回復してきますよ。

機械植え苗の隣に、苗の近未来像(手植えの苗)があるので、もう少ししたらこんな風になるかな…と、安心して見ていられます。

ところで、ちょっと手植えの苗の周り、草が多いかなぁ・・・(真ん中の写真です。ほら、土の表面にたくさん…)

…草取り大歓迎ですよ!!

 

網本朝香

赤ちゃん

2011 年 6 月 22 日 水曜日

110608_1627~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風に乗って今年もやってきました、かまきりの赤ちゃん。

この季節になると、どこからともなく風に乗ってやってきて、ぴよんぴょん飛び跳ねる姿をみかけます。

背の丈1.5センチくらいでしたが、

これは6月8日の写真。

少しは草むらの中で大きくなったかな。

立派な鎌持ちになってほしいものです。

 

網本朝香

機械で田植え

2011 年 6 月 22 日 水曜日

110615_1650~01                                                                       さる6月15日、手植え祭りから遅れること約10日、ようやく残りのスペースに田植えができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

110615_1650~02

 

 

 

 

 

 

 

なんとも忙しく、あれよあれよと日が過ぎてしまううちに、苗もずいぶん大きく育ってしまいました。

田植え機の後ろには糠肥料が積んであって、田植えと同時にパラパラとまけるように改造してもらっています。

110615_1652~02

 

 

 

 

 

 

 

110616_1133~02

 

 

 

 

 

 

 

 

右が6月4,5日の手植え祭りで、みんなで植えた分です。左が植えたばかりの苗。

毎日見ているといまいちわかりずらいのですが、10日の間に、ずいぶん成長していたんだなあ!

 

網本朝香

祭りの後

2011 年 6 月 9 日 木曜日

田植え祭りの賑やかさ後・・・二日経ちました。

祭りの後よろしく、苗は夕風にそよいでいます。

網本朝香

 

110607_1905~01

根っこを抜いてみました

2011 年 6 月 9 日 木曜日

110608_1040~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手植え祭りから三日後、6月8日の朝、根っこを見てみようと、そううっっと一本ぬいてみました。

泥がふわふわだったので、ダメージなく、するっと抜けました。もちろん写真の後は、失礼しましたと、元に戻しておきましたよ。

 

で、根っこ。

もう5ミリ~1センチ伸びていました。

茶色っぽく着色している所から真っ白に色が変わっている所から先が、おそらく新しく伸びている根っこ。

植えて1週間は、葉っぱは元気がないかな??と思うくらい、枯葉部分も目立ったり、黄色っぽくて最初は心配になるのですが、(写真の奥、ピントは合っていないのですが、植わっている苗の先が茶色くなっています)

地下…泥の中では、まず根っこがどんどん伸びて、数も増やして、田んぼに新たに根付く(=活着…かっちゃく)準備をしています。

そこから葉っぱを増やし、茎を根元から増やすので(=分けつ…ぶんけつ)

今は、見ている方は心配になったりしますが、稲を信じて忍耐の時期。

既に周りが田植え1ヶ月後だったりするので、青々としていて、余計に自田はひょろひょろに見えますが、有機稲作はここから!

根っこが伸びるスピードが早く、更に数が多く増えるので、すなわち葉っぱと茎もちゃんと追いつきます!

1カ月が楽しみです!

 

網本朝香

双子ちゃん

2011 年 6 月 7 日 火曜日

110524_2130~01

 

 

 

 

 

 

 

近所の農家さんから、庭先の桜ん坊を頂きました。

双子ちゃんです。

よ~く見て下さい。

一本の茎??から、種が二つ!!

おお!これぞ双子ちゃん!!

 

網本朝香

最大限

2011 年 6 月 7 日 火曜日

110607_1222~02

 

 

 

 

 

 

 

なが~~い・・・

最大限伸びてます。

 

網本朝香

手植え祭り

2011 年 6 月 7 日 火曜日

110605_1140~02網本さん田植え(10)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月4日、5日で、恒例となった手植え祭りが今年も開催されました。

今年は春に震災があり、いつ稲作が始められるか分からない状態のところもたくさんあります。

こうやって稲作がやれること自体がとてもありがたく、

更には、皆さんをお迎えして、田植え祭りを無事おこなうことができ、田んぼとそこに住まう生きもの達と触れ合う一日がすごせたこと、本当にありがたいです。

やるからには、目の前の田んぼを目いっぱい楽しんでもらおうと、

スタッフ一同も張り切りました!!

ここから秋まで大切にお世話していきますので、育っていく様子を楽しみにして下さいね!

草刈り、草取りに来て頂くのは大歓迎ですよ!!

生きもの調査(林先生)や、今年は新たに、あぜや田んぼの植物調査!!(関口先生)、それぞれ先生をお招きして開催する予定、

人間が、田んぼとそこに育つ稲や生きものと、もっと近づける機会をご用意したいと思います。

ぜひ足を運んで下さいね。

 

網本朝香