2011 年 10 月 のアーカイブ

器用な爆睡寝子

2011 年 10 月 31 日 月曜日

111025_2310~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫は猫背、仰向けになるのは本来難しそうなのですが、

器用に仰向け、大の字で爆睡しています・・・。

片手が上がっているのは、無意識にバランスを取ろうとしているからなのでしょうか・・・

しかし、本当に猫は寝子だ・・・

 

網本朝香

田起こし(東側の田んぼ)

2011 年 10 月 31 日 月曜日

111030_1245~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は早めにできました、秋の田起こし!!

10月30日、東側の田んぼの田起こしをしました。

一年をねぎらい、収穫の後に、お礼肥え(肥料)をまいたり、稲の切り株を細かくし、土を起こす作業です。

毎年、後手後手になり、年明けになったりしていたのですが、

本当は、秋のうち、まだ気温が高く、微生物が活動している今の時期にやっておくと、

ワラ、稲の切り株、伸びたひこばえ等・・・が、土中の微生物で分解され、発酵し、来年に向けての良い肥料分になります。

早めにやれて、ちょっとほっとした気分です。

 

網本朝香

 

 

 

陽な田ぼっこ

2011 年 10 月 12 日 水曜日

111003_1131~01

 

いなごです!!

この前の手刈りの日では、お子達に追いかけられ、つかまれて・・・と、「大変さナンバー2」でした。(「ナンバー1」は、やっぱり雨ガエルでしょう)

今日はのんびりと、私1人、近づいても逃げるそぶりも見せず、気持ちのいい日差しが降るワラの上で、たたずんでいました。

そのお日様に照らされて、目に透明感があって、綺麗!

私達はどんなふうに見えているのかな・・・。

 

網本朝香

エメラルドの指輪

2011 年 10 月 12 日 水曜日

111001_0920~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手刈りのイベントの日でした。

準備に外に出て、自宅前のアスファルトをふと見た時・・・

????

小さ~な、エメラルドグリーンが少しずつ動いているではありませんか!!

よおく見てみると、クモなのです。

草むらの緑の中で、見つからないための補色なのか、背中が素晴らしく綺麗なエメラルドグリーン!!

薄いところ濃い所あるので、本当に奥行きがあって、透明な宝石のよう。

ちょっと、七宝焼の透明感にも似ています。

宝石のような部分(背中)で、たったの3~4ミリ程度、足の端から端まででも1センチないような小さなクモ、

(隣に落ちているのが、根っこの生えた種もみが、干からびている・・・春からの落とし物です・・・。同じくらいの大きさです。)

今までで見た事がありませんでした。(まさか新種???違いますか???違うかなぁ・・・)

アスファルトの上では、目立ちすぎますが、

草むらの中だと、緑に紛れて見つからないだろうな。

そう思うと、次、一生かかっても、会えるかどうか分からない出会いです。

…ところで、足を束ねたら、小さな指輪になりそう???

う~~~ん・・・と言われました・・・。

 

網本朝香

手刈りで収穫!!

2011 年 10 月 5 日 水曜日

111003_1121~01

 

 

 

 

 

 

111003_1121~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

111003_1122~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼ祭の、手刈りイベントを10月1日、南側の田んぼで行いました!!

雨予報が、なんとか曇り時々晴れとなり、子どもも大人も、ザクザク小気味良い感触・・・鎌が稲を刈る感触に、夢中になっていましたよ!

刈った後は、袈裟掛けにして、天日で干してあります。今日明日と雨なので、再び乾いたらコンバインにかけて脱穀します。

 

今年は、この数日前に、コンバインでの機械刈りを終えていて、手刈りの分だけ残しておいた状態だったので、

周りには子どもたち絶好の広場???が・・・!!

更には、そこにあったはずの稲が消えて、驚いているばかりの、虫達が!!!

ばったに、いなごに、雨蛙、東京ダルマガエルに、蜘蛛にコオロギ・・・

さすがに女の子はあまりいなかったけど(笑)

男の子は、稲刈り後の稲株の残る田んぼに、虫取り網と、かごを持って、張り付いていました。

あれは本能ですね、きっと。

男の子、そして少数の女の子の中に、脈々と・・・虫取りとか、古くは、縄文時代から貝獲りとか、ドングリ拾いとか、要は「なんか獲って集めたい!!!」的な、血が流れているんじゃなかろうか。

とにかく全員下を向いて夢中に歩く姿が、なんとも微笑ましかった!

 

微笑ましいのは遠目からで、「ままーーーー」と、駆け寄ってきた子どもたちが手に握る、その小さなかごの中には、

うじゃうじゃとうじゃうじゃとうじゃうじゃと・・・

雨蛙の気の毒な山が出来上っていて、今日は虫達の受難な日でしたが、お子達はきっと大満足だろうな。

「リリーーーーーーーース!!!!」

「それを持っている限りは車の中に入れないよ!!!」とかなんとか、母達とのやりとりが恐らくあったことと思われます。

中には、お子達と一緒になって、獲ったカエルを水タンクの中に入れては、穴開き鉢ですくう、金魚すくいならぬ、カエルすくいに興じていたパパさんもいらっしゃいました・・・。やはり、血の流れは、大人になったからといって、消えるものではないんですね。

どう考えても虫達の受難日だったわけですが、

あんまりにも楽しそうだったので、来年からも、先に刈って虫取り場を設けておこうと検討しています。

来年の秋も、虫達の受難が検討されている???

 

網本朝香

季節外れてきましたが。

2011 年 10 月 4 日 火曜日

110908_0719~01

 

 

 

 

 

110908_0721~01

 

 

 

110908_0720~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝寒くなってきました。

事務所の壁際に咲いている朝顔も、涼しいので夕方近くまで咲いていますが、そろそろ枯葉が目立ってきました。

9月入ってすぐ、写真は撮ったものの、バタバタしていて、載せずじまいだった写真があったので、

大幅な季節外れ…例えば、初雪だ、正月だ、と言っている季節に・・・載せることがないよう、今のうちに載せておきます。

 

でも、個人的には、やっぱり今見るのは何となく寒い・・・。

梨にもちょっと手が伸びづらくなってきました・・・。

 

でも、朝顔の真ん中の所って、本当に綺麗です!!宇宙の星雲見たいだ!!

 

網本朝香

南側の田んぼも

2011 年 10 月 3 日 月曜日

110928_1722~01

 

 

 

 

 

 

110928_1721~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月28日、南側の田んぼをスタッフの江口君が機械刈りしてくれました。

もちろん、10月1日の稲刈り祭りの、手刈りの分は残しておいて。

この南側の田んぼは、ざんねんながら稲が風でぺたぁっっと寝てしまったので、

コンバインは寝ている稲の根元の方向から一方通行で刈ることにしたようです。

通常稲が立っていると、往復で刈れるのですが、

寝てしまっていると、穂先から刈ろうとすると、コンバインに引っかかるようで、

つまりは行きだけ刈って、帰りは走るだけ、と、走行距離2倍の作業。

遅くまでおつかれさま。

 

網本朝香