2016 年 6 月 のアーカイブ

蜘蛛の巣はシャンデリア

2016 年 6 月 15 日 水曜日

IMG_3514

雨上がりの蜘蛛の巣。

 

まるでシャンデリアですね。

 

いろんな意味でひっかけないよう、しゃがみながら下を通りましたよ。

うじゃうじゃどじょう

2016 年 6 月 15 日 水曜日

梅雨らしい曇天が続いていますね。

 

5月、田んぼに水を入れるとすぐ、土の下から大きな泥鰌(どじょう)が出てきていましたが、そのどじょうたちが産卵したのか、小さな稚魚が孵っています!

 

どじょうの生命力はすごいですね!

何度かここでも書きましたが、秋・・・稲が収穫間近になると田んぼから水が消えますが、

そうなると田んぼの土の奥深く・・・湿り気のあるところまで潜って、自分の体を自分で出すコラーゲンの保湿膜でおおって越冬するのだそうです。

なので春になって水が来ると、どこからかともなく大きなどじょうが現れ、

いつの間にか相手を探して産卵し、田植えの頃には小さなどじょうでいっぱいになる、と言う訳です。

 

2~3センチぐらいの、たくさんのどじょうの幼稚園児??位なのでしょうか、すばしっこく泳いでいますよ!

そのどじょうの幼稚園児?達が、6月上旬の暑い日に、涼を求めて用水が入る取水口にわんさか群がっていたんだそうです。

 

それを網で2、3すくいしたところ…大量にどじょうが捕獲できてしまったんだそうな。

IMG_3540

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼの中のバランスを崩したくないので、そろそろ還すつもりですが、観察にとしばらく桶に飼って??いました。

 

IMG_3543

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どじょうは本当に可愛くて、浮いている草や水草につかまったり、時には体を絡ませて、一休憩するのです!

IMG_3596

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に和みます~。

このどじょうを狙って、鷺(さぎ)たちがこれからの季節、田んぼを餌場にします。

この中の何匹と、来年の春にであえるか・・・

 

当たり前ですが、自然はなかなかに厳しいですね。

 

 

さて、今年も、生きもの&植物調査をご案内させて下さい!!

私達が杉戸のアールキューブエコの田んぼで毎年開催しているイベントで、

有機の田んぼの豊かな生態系を先生方が案内してくださいます!

 

生きもの先生:林先生
植物先生:関口先生

 

お二人の先生が軽快な語り口で、田んぼの中で営まれている生きものたちの世界を案内してくださいます!

先生達と一緒に皆で田んぼに入って、虫取り網で生きもの採取!泥をすくったり、あぜを歩きながらも、生きもの、植物を採取していきます。

後程、捕獲・採取した生きものをバットに出して、その生きものたちを前に、先生方が考察して下さいます!

 

ある年の考察を一部ですがご紹介しましょう。

毛根チェックをする拡大スコープで、
糸トンボのヤゴ(幼虫)のエラや複眼、ユスリカの幼虫の腸の様子、アメンボの足先などをモニターに映してくださったり、
畦の食べられる草をおひたしにして試食させて下さったり!(露草は意外と美味しかった!ひめじおんの寒天は美味しかったです!)

さあ、今年はどんな生きものに出会えるかな。

小学校のお子さんがいらっしゃる方は、夏休み・・・始まる前ですが(笑)自由研究を終わらせちゃいましょう!!

私がお手伝いさせていただきますよ!

 

詳しくは、スタッフの奥様がフエイスブックを管理してくれていますので、そちらに載せてもらいましょう!

もちろんアールキューブエコまで、お電話などの問い合わせもお気軽にどうぞ。

 

心よりお待ち申し上げます。

 

6月成苗稲作ダイジェスト!

2016 年 6 月 14 日 火曜日

あっという間に入梅ですね。

いかがおすごしですか?

ちまたでは、低気圧は生きものは眠くなるとか言いませんか??
梅雨入りしたその日の朝、幼稚園生の三女が珍しく時間になっても起きれませんでした。人間も動物も気圧に影響される・・・つまり、地球に生きているのだなと実感しましたよ。

 

さて、5月6月は、どうやって毎日過ごしていたのか分からない、目が回るいそがしさでした・・・。

 

やっぱり間があいたので、先月に続き、写真で育つ過程をダイジェストでお伝えしますね!

 IMG_3215
前回は、ここまでだったと思います。
5月5日、小さな鞘葉(しょうよう)がでています。

刀の鞘(サヤ)のようなのでこの名前なんだそうですよ。

 

 

 

IMG_2807

5月9日、暖かい5月前半だったので、太陽を浴びて水を吸いあげて、あっという間に大きくなっていきます!

育ち具合に多少のばらつきがありますが、だいたい2枚葉っぱがでています。

この状態を2.0葉と言って、3枚目の出具合で、2.2葉、2.3葉・・・と表現します。

 

IMG_2808

 

 

 

アップ写真!
可愛いですね!

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

IMG_2827
南側の有機の田んぼに水が入りました!
しばらく水を張って、草を抑えるために、あえて草を生やします。
きらきら水が反射して、涼やかで気持ちよさそう!!
さっそく土の中で越冬していたドジョウなどが活動し始めます。

 

 

 

IMG_2884

5月16日、一週間でかなり大きくなりました!

 

およそ背丈は10センチほど、3枚葉っぱがでている(3.0葉)でしょうか。

手前の青いものは防鳥ネットで、

まだ根元に残っている種もみの匂いをどう嗅ぎ分けるのか、スズメが美味しくつつきにやってくるので、完全に種もみがなくなる頃までかけっぱなしにしています。
ちなみに、消毒剤で消毒している苗箱には、ネットを張らなくてもスズメがつつきに来ないようです。

うちでは温湯のみで消毒しているので薬臭くもなく、美味しい匂いがしているのでしょう・・・

 

動物はよくわかっていますね!

 

21ツバメトリミング
5月27日、代かきを行いました。
トラクターで代かきをしている周りをツバメ達がたくさん乱舞していたのですが、

すごいスピードで飛びながら、泥の表面にクチバシでタッチ??していくのです。

??と思いながら様子を見ていると・・

巣作り用の泥を集めているようなのです!

うちの泥が、小さな雛が育つ、ツバメの家の建材になるのか!
ちょっと感動!!
 
有機の泥は、建材としても良さそうです(笑)
ツバメの家族を温かく包むおうちになりますように。

 

IMG_3425
さて6月2日、小さな芽だった苗も・・・こんなに大きくなりました!

 
葉っぱは4枚~5枚出て、4.5葉まで育った大人の苗、成苗です。

 
なんて立派な苗!!!!
 
 

 

 

444

 

 

 

そして6月4日、5日は毎年恒例の田植え祭りでした!
 
お越しくださった方々、ありがとうございました!

 

今年も皆さんにお会いできて本当に嬉しかったです!

 
 

5日にはJCOMさんから取材に来てくださいました!
放送は6月9日の木曜日だったのですが、放送圏内で、ご契約されている方、ご覧いただけたでしょうか。
有機稲作ってあるんだ~という周知になることと、ご参加下さった皆さんにとっても良い記念になったかな・・・と思いましたよ。
JCOMさん、お世話になり、ありがとうでした!

そして、今年も田植に参加してくれた中学時代の同級生にカメラを頼んで写真をたくさん撮ってもらったので、ここでも田植え祭りの様子をご紹介できればと思います!
いつもカメラありがとうです!

 

IMG_3487そんなこんなの祭りの後、6月6日・・・

 

雲間に覗く柔らかい夕日が、薄墨の夕暮れに同化してゆく田んぼの水面をしばらく照らしていました。

 

写真が小さいですが、葉先は風になびいても茎はまっすぐぶれていないことがわかります。

田植え後、かなり風が強い日もありましたが、倒れることもなく、

軸がぶれずにすっくりと立つ姿が、教わった成苗ポット稲作の頼もしい特徴です!
この姿に惚れて、ずっと成苗稲作をし続けている・・・といっても過言ではありません。
泥の下で、早くも根っこを張っているからこそ、ぶれない美しい姿です。
今年はどうやら暑くなるとの長期予報ですが、さてさてどうでしょうか。

どんなことにも揺るがずに、みなさんが植えて下さった苗が、健やかに逞しく育ちますように!