2016 年 7 月 のアーカイブ

稲の露

2016 年 7 月 15 日 金曜日

IMG_3782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨空の中、夕方になると、稲の葉先に露がついて、キラキラと光を宿しています!

蜘蛛が一匹、露の近くにいますが、体の大きさの露、蜘蛛にはどう見えているのかな・・・

生きもの&植物調査

2016 年 7 月 15 日 金曜日

みなさんこんにちは。

梅雨らしく、蒸し蒸しする日が続きますね。
いかがおすごしですか?

杉戸では、去る7月9日に、朝香一押しイベントの、生きもの&植物調査が行われました!

 

今回は協賛して下さる企業さんもいて下さって、有難い限りです!

毎年、今年はどんな方々・・・そして生きもの&植物との出会いがあるか、とても楽しみにして・・・さあ朝!!

 

予報で分かっていたことなのですが、やはりの雨。

ですが、みなさんと私達の、雨が上がりますように!無事開催できますように、との祈る気持ち・・・

が届いたのかな??

 

最初は小雨でしたが、30分ほどすると雨は上がって、傘もささずに行うことができました!

お天道様、ありがとうございました!

みなさん、応援ありがとうございました!

 

そんなこんなで、まずは、林先生(生きもの担当)、関口先生(植物担当)、お二方に、カルガモのヒナが親についていくかのように、傘をさし、手作りゴミ袋レインコートを即席で小雨をしのいで、畦を回りましたよ!

035

写真中央の奥、

田んぼ長靴にキャップをかぶってらっしゃるのが、関口先生(植物先生)。

 

 

 

 

 

 

 

007

田んぼの中にも入って、金魚網ですくいます。
オレンジ色の、絶対遭難しなさそうな合羽を着ているのが、林先生(生きもの先生)

 

 

 

 

 

016

何をつかまえたの??みせて!!
ちびっこ達もハッスルしていました。

 

 

 

 

 

 

畦周り、田んぼの中で採取が終わったら、工場で考察の準備です。

 

049

まず、どんな生きものがいたか、バットにあけて・・・

 

 

 

 

 

 

025

 

 

 

 

 

 

 

 

準備が整ったら、工場の中へ。

067

林先生発案!の毛根ヘアチェックのスコープで、色んな生きものを拡大して見せて下さいましたよ。
写真中央、黒いTシャツの方が林先生です。

 

 

 

 

 

 

モニター(という名の古いテレビ)に映るのは、

075

〇ヒラマキミズマイマイ。
モニターなので大きく見えますが、直径が5ミリ〜8ミリ!の小さな貝です。
田んぼに貝がいるって、何だか不思議な感じがしませんか?

カタツムリのようですが、とても平たくて、ツノを出して歩きます。可愛いいですよ!

 

 

 

 

077

〇イトミミズの腸とお尻!
口と腸とお尻!(肛門)の生きものだそうで、
生きものが最大限シンプルになると、このイトミミズの形態になるんだそうな・・・。

うううううーーーーーんん。

 

 

 

 

 

081

そして、関口先生の・・・美味しい田んぼ周り雑草クッキンッグタイム!

露草、コナギ、ウシハコベのおひたし、ハッカ(ミント)のクレープつつみマーマレード添え・・・

豪華に作って下さいました!!

 

 

 

 

 

田んぼの畦には、食べられる草、食べられて更にオイシイ草も意外にあるんですって!

 

考えてみれば、「野菜」は、もともと「野の菜」を交配したりで品種改良したもの。

おひたしなど、シンプルに10分ほどゆでて、冷水にとって、鰹節で和えただけ、とのことでしたが、普通に美味しかったです!
食糧難になっても、田んぼの周りにいると生きていける!と確信しました。

 

 

そして、関口先生の、

「お百姓さんは、稲だけを育てているのではない」とのお話も印象的でした。

本当にそうですね!

古来から、お百姓さんは、里や野山の環境を守り、生きものと植物を守ってきました。

特に稲作にまつわることは、日本古来からの、神さま事、文化、文学、そして生活の根底でもあります。

 

五穀豊穣を祈り、しめ縄で神様の世界との結界をもうけて神様を敬い、
収穫は天からの恵みで、酒を造り、豊穣のお礼に捧げて、神様と人との巡りがそこに存在しました。

稲のある景色や実りは、古来から歌や作品にたくさん詠まれてきましたし、
冬になるとわらじを編み、俵を作り・・・

納豆やカツオのたたきなど、お米以外の稲の副産物(稲わら、もみ)も、余すことなく活用してきました。

 

そういった、日本の基盤となることを支え守ってきたのが、お百姓さん。

しかし、最近、その「お百姓」さんとしての自覚が薄れ、稲だけを育てている農家が多くなってきたとの事。

 

つまり、稲だけが育てば・・・お米さえ取れれば・・・環境のこと、生きもの植物のこと・・・は気にしない、という、ざんねんな風潮が広がっているということ。

お「百姓」とは、「百を養える」という語源だそうです。
その中には、百「人」だけでなく、環境や生きもの、文化・・・など、目に見えないことも含めて、大きな意味で「百」と表現したのかもしれませんね。

 

われわれ現代の農家も、自分たちがどういう農作業をするかで、
環境にも生物多様性についても、良くも悪くも影響を及ぼす、という、責任の大きさに、目を覚ます必要があるのかもしれません。

 

それは農家だけではなく。

どんな職種であろうと、ひとりひとり、みんなで地球人としての自覚を失わないでいれば、

未来の子ども達に、ちょっとは違った結果を残せるのではないか・・・と、私も切に思います。

 

先生方にはもう8年お世話になっていますが、実は、単なる生きもの植物調査をするだけでなく、お二方ともそんな深ーーーい話をいつもして下さいます。

毎回心に深く響いて、よし、地球人として、お百姓さんとして、また一年顔晴ろう!と、

先生方、そしてご参加くださる皆さんの笑顔、そして躍動している生きものと植物達に、個人的にはとても励まされているのです!

 

 

まあ、深い話をして下さっている間、もちろん子どもたちは黙って付き合っているわけもなく。

話を聞きたい大人たちにとって、誰が一番の功労者って、子ども達の相手をしてくれた??いえ、させられた・・・

 

アメリカザリガニでしょうね。

 

086

釣れるかな???
どこにいるの???

 

 

 

 

 

088

 

 

 

 

 

 

 

パンいちは、うちの三女です・・・。

つかまえたぁ!!

090

 

 

 

 

 

 

 

 

捕まえられて、さらに釣り遊びをされて・・・

IMG_3807

さぞかし疲れたことでしょう・・・ごめんね・・・

でも、正直助かりました。

 

ぶらーーーーんん・・・

 

ごめん・・・