代掻き(しろかき)

100426_1153~01

 

 

 

 

 

 

 

 

4月24日、南側の、田植え祭りの田んぼを代掻き(しろかき)しました。

しました…と言っても、
実は友人の結婚式出席のため、朝から出掛けて帰ってきたら…出来上がっている!

まるで童話の靴屋さん…ですが、
その実は、土曜日出勤のスタッフの江口君。

さてさて、代掻きとは。写真は4月28日、東側の田んぼの代掻きの様子です。
100428_1545~01

 

 

 

 

 

 

 

通常、田んぼに農業用水を入れて、トラクターで泥を砕いてならし、田植えが出来るようにする作業ですが、

うちの田んぼでの初回の代掻きは、このまま田植えをするためではありません。

田んぼ特有の、水が入ると生える雑草の種を 一度発芽させてしまい、
後に再び代掻きをして、生えた草を泥中に練り込むことで、
草の種を少なくするための、いわば除草作業を兼ねているのです。

このまましばらくすると、田んぼ一面に草が生えます。

 

早速、水が張られた田んぼに
朝晩、つがい?の鴨が数組やってくるようになりました。

100426_0721~01

 

 

 

 

 

 

 

写真では遠くてわかりづらいですが、中央に映っています!

野鳥は人気を警戒するので、なかなか近くで写真が撮れませんが、泥に顔を突っ込み、何やら夢中です。

日中は、白さぎや青さぎ達も、冬眠から起きたばかりのドジョウなんかを狙って、鏡のような泥面に、美しい姿を映しています。

 

網本朝香

コメント / トラックバック 2 件

  1. こんばんは、ご無沙汰しております!セリエ・プライゾの前田です。
    今年の春はずいぶん寒かったですね、おまけに4月17日の雪は東京では40年ぶりの春の雪でしたしね。 さぞかし、苗を育てるのには今年は苦労をされたのではないでしょうか? 本当に毎日、苗や田んぼの管理ご苦労様です。
    労働時間の長さでは負けないつもりですが、内勤でぬくぬくと仕事をしている私は、大変申し訳ないなと思って、網本さんご夫婦に毎日感謝しながら玄米を食べています。 寒さに負けずに育った強くたくましい苗たちに、手植えの時に会わせてくださいね。 手植えはちょっと遅くなりそうですか? 具体的に決まったらご連絡お願いいたします。 

  2. saito より:

    こんにちは!ホント雪はびっくりしました(笑)。ようやく暖かくなったら、夏のようなお天気だったり、また寒くなったり…。今年は陽気が変わりやすく、人間は合わせていくのも大変なのですが、まあ、植物はどこ吹く風、気候に沿って生きているなあ…といった昨今です~。苗は多少低温障害が出てますが、なんとか大丈夫そうです!
    ゆうきさんにはお知らせしたのですが、今年の田植え祭りは6月5日、6日の土日です!是非また遊びに来てくださいね!

コメントをどうぞ