節分

110203_1230~010001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し寒さが和らいで、今日は節分、明日は立春。

庭では水仙が、枯葉色一面の地面に、眩しく!陽ざしを放っています。

水仙は私的に・・・なんですが、節分と立春になると存在感を増すというか、節分立春が似合う花・・・そんな気がします。その季節に咲くから、当たり前っちゃ当たり前なんですが。

 

・・・あっ!!!

豆買わないと!!!

海苔巻きもだ!!!

関西から出て来て、東京に住んでいた約15年ほど前、節分に海苔巻きの習慣は、東京にはありませんでした。

実家では、よくお母さんが、海苔巻きを作るなり買ってきてくれるなりして、台所で方角を向いて「一気になんて無理やで」なんて言いながら、食べたもんでした。当時は小さかったので、「恵方巻き」なんて言葉も知らず、通称「海苔巻き」でした。そうそう、近所に住んでいたおばあちゃんが、イワシの頭と柊の魔除けをどこで調達したんだか、作ったんだか、「これ飾っとき~」と、持ってきてくれた年もあったかな。かなり子供心に不思議な、そしてちょっと不気味な感じがしたもんです。だってイワシの頭ですよ。

出て来た当初はなかった恵方巻き、東京在住何年目だったかにして、とある年の節分前、突如、大手コンビニのノボリに、「恵方巻き」と登場するようになってから、あっという間に、関東のどこのスーパーでも並ぶようになりました。

習慣も全国をわたるんですね!

子供達も学校で鬼のお面を作っていることだろうし、今日は豆と海苔巻き・・・改め、「恵方巻き」で。

でもそういえば、イワシの頭と柊の魔除けはスーパーで見ないなぁ。

 

網本朝香

コメントをどうぞ