防除代掻き(しろかき)

110518_1455~02

110518_1457~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に、いえいえ、あっと言えなかった・・・間に6月です。

そもそも5月に梅雨入りとは、そして台風とは。

杉戸でもすさまじい風が吹き荒れていました。

5月は、毎年たくさんの作業をしているはずなのですが、逆に書くことが追い付かず、

写真は去りも去った、5月18日、みんなの手植え祭りの田んぼの防除代かき(ぼうじょしろかき)の様子です。

 

 

田んぼに水を張ってしばらくすると、稲作には困る、コナギや、ヒエ、ホタルイ・・・といった草がたくさん芽を出してきます。

発芽を待って、トラクターでうなり、泥の中に練り込んでしまうことで、

発芽した草の種を消化、ついでに緑肥になってもらおう!というのが「防除代かき」です。

つまり、田植え後に生えてくる草を少なくするための代掻きと言うわけですね。

遠目に見ると分かりやすいのですが、草、たくさん生えてますね・・・!右の写真ですが、こんな草が所狭しと生えてます。

もう一度この状態でしばらく置き、次は、植え代(うえしろ)、いよいよ田植えの為の代掻きを待ちます。

・・・また草は生えてきます。田んぼはシードバンクといわれ、文字通り種の銀行。

とはいえ、防除代かきのおかげで土表面の種は少しづつでも減ってはいるんでしょうか、一回目に水を張った時よりも、草は現在少なそうです。

 

網本朝香

コメント / トラックバック 2 件

  1. セリエ・プライゾの前田です! より:

    網本さんご一家へ
    ご無沙汰しております。今年の手植えは、最近、弊社の予約が土日に集中しているため行けなくなってしまいました。何とか、秋の収穫には行きたいナーって思ってます。 もう梅雨に入ってしまったとの事ですが、明日、明後日は晴れると聞きました(お客様からですが・・・)いや、きっと晴れますね、皆さんの行いが良いから!
    いつも玄米美味しく頂いております。これからも、頂いていきますので、宜しくお願いいたします。
    明日、明後日は怪我なく無事田植えができますように祈っております。

  2. saito より:

    お便りありがとうございました!
    おかげさまで、無事今年も田植え祭りができました…!前田さん御一行にお会いできなかったのは残念です!娘さんはそろそろ2歳ですか??来年は泥デビューーですかね!秋にはお会いできると嬉しいです!今年は雨がちで、稲作にしても、去年とはまた違ったハードさがありますが、みなさんも体調大事に、元気に夏を迎えて下さいね!!

コメントをどうぞ