根っこ

130607_1124~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月1、2日、南側の田んぼに植えた苗を・・・そっと抜いてみました。

この写真は6月7日、

白い部分が、5日間で伸びた根っこです。

すごい!!

 

慣行栽培では、通常、マットという苗箱を使い、苗を育てます。

マット苗箱では、隣の稲と、根っこが絡まり合い、

田植えの際は、絡まり合った根っこを切りながら田植えをするので、

ダメージがあり、田植え後、なかなか根が張らないと言われています。

 

この苗が育った苗箱は、下の写真のように、ポットという苗箱。

鼠色のプラスチックが苗箱なのですが、丸い仕切りがあり、その中に、種もみを1粒~数粒、土と一緒にいれ、育てます。

そのままスポッと抜いて田植えをするので、田植え=移植のショックが少ないと言われています。

 

130603_1430~01

 

 

 

 

 

 

 

確かに、5日で、もう根が伸びてる!!

風にそよぐ姿も安定感があります。

根が張っているので、風にも強いのでしょうね。

 

網本朝香

コメントをどうぞ