稲の子

img_5104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲の子・・・イナゴ。

昔の人には、稲が育てる子どもに見えたのかしら。

そう思うと、お米で育つわれら日本人も、みんな稲子だなぁ・・・

 

写真ではちょっとわかりにくいですが、稲子の目って本当にきれいなんですよ。
七宝焼きのような、ちょっと透明感があるんです。

11月になって、トンボも稲子もバッタもカエルも・・・少しずつ数が減ってきました。

今日は11月22日、良い夫婦の日、上着が厚いくらいに暖かな日でしたが、

季節は晩秋、そして冬に向かっています。

 

網本朝香

コメントをどうぞ