は種(はしゅ)

芽が出たら、さあ種まきです。

「は種機」という大きな味方が参戦!

100408_1639~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポットという苗箱をセットすると、
一つ一つの穴に
下半分量の土を入れ、
種もみを数粒入れ、
最後に覆い土までをセットして出してくれる、
優れものです。

これがあるからこそ…
600枚!準備できます!↓の写真はまだまだの段階。(ちなみに第一陣の数です)

100408_1639~03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔一度、この1/10の量を、人海戦術で、手作業でトライしてみたもんだ…
(手伝いに来てくれた方もビックリ。よくぞ黙々と一緒に種まきしてくださいました…何時代だったんだろう)

は種が終われば完成した苗代に並べます!

100409_1106~02

 

 

 

 

 

 

 

 

青く見えるのは、根切りネット。
ポットの下から根がでて、地面にびっしり張るので、剥がせなくならないように敷きます。

今年は試行錯誤の上、スプリンクラーも設置!(黒く等間隔に立っている、細い棒がそれです)

しばらくは、さらにこの上に保湿シートをかぶせて、芽が土から顔を出してくるのを待ちます。

 

網本朝香

コメントをどうぞ