春色

100303_1250~01

 

 

 

 

100303_1251~01

 

 

 

 

100303_1252~01

 

 

 

 

 

春の陽ざしです。

あぜにもたくさんの小さな宝石が咲き始めました。大輪の園芸品種の花も大好きですが、               私は何よりも、この里の春の野草が大好きです。

本格的な寒さから、明けて一番の草だからか、背丈が低く、地を這って咲きひろがります。

おおいぬふぐりの群青色、タンポポの鮮やかな黄色、仏の座の赤紫。                           もうすぐ、ハコベの小さな白と葉の鮮やかな葉色が加わります。                              さらに暖かくなると、蓮華や地縛り、ひめじおん・・・と色が加わるとともに、背丈も伸びていきます。

本当に安易で!昔懐かしの!表現なのですが、「宝石箱をひっくり返した」あぜ模様なのです。

網本朝香